暮らしの中での思い事をつづります


by carmdays
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

寂しさ

なかがよかった上司が、豹変してから、

はや1年以上がたつ。

当初は、何が起きたか、

びっくりだったから、

現実に起きている悲劇を受け止めるのも

できていなかったな。

上司は、思うところがあり、

それは、

この職場が嫌いで、

わたしや、他の人も、

関わるとストレスだから、

距離をとることにしたからと、

言ってきたんだ。

縮まることがない距離は、

大きく深い溝を作り、

去年の秋から年末まで、

亀裂か深まり、

一度、部内の人間関係は、破綻した。

その破綻から、年があけ、

再スタートをきったばかりで、

再スタートのための新年会を、

上司は却下してきた。

代替日もなし。

ああ、そうか、もう君は、

この部署を、

わたしを、

大事にする気がないのか。

もう君は、いないのか。

と、よく悟りを開いた1日になった。

人が、人と出逢い、新たな人生が始まるとは、

単に、出逢って、

共に同じ時間を過ごしているだけでは

出逢っているとは、言わない。

わかりあえて、初めて、

わたしたちは、出逢った、と言える。

上司は、悪く悪く、変わっていった。

そうさせたくなく、尽力したが、

力及ばず。

せめて、わたしができることは、

わたしが、より良く生まれ変わること。

すとん。

何かが、府に落ちた。
[PR]
by carmdays | 2015-01-09 17:49 | 日記