暮らしの中での思い事をつづります


by carmdays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

まともなこと

つい、嫌なことがあると、

ブログで毒はくが、

あたしの解毒なんで、許してねん。

でもね。

ちったあ、まともなことも言わないと、

来てくれた人のお役にたてん。

それは、頭の中にはある。

ちなみに、愛猫が、夜遊びに出かけて、

連れ戻すまで寝れないので、

さっそくまともなことも描いてみる。

一流の男の不憫さについて。

一流の男は、たいていは、高給とり。

これを前提にする。

一流の男や、高給とりは、

日々、仕事で切磋琢磨していて、

日々変わり成長する。

しかしだ。

この切磋琢磨による成長に見あう

中身がある女が、

本当に、少ない。

だから、不憫さを感じる。

世の中の女は、

とりわけ、専業主婦には、

自己改革と、自己啓発の概念が、

ない人が圧倒的だ。

ひたすら夫の帰りを待つだけの、昼寝ざんまい。

やることは、おしゃべり。

夫は、日々仕事で成長。

妻は、日々昼寝で退廃。

こんな夫婦が、

合わなくなり、

夫にあいそ尽かされ、離婚は当然で。

変わらない=後退だ。

ま。

向学の意識ない男も、まったく同じだが。

相手が、日々変容していく中で、

相手が、成長するなら、

あなたも、何かで成長がいる。

能力を高めろとは言ってない。

料理でも、縫い物でも、

何かを磨き学べよと言ってるだけだ。

じゃなきゃ、

一緒に成長ができないんだよ。

もう、話が合わなくなるじゃないか。

人間の段階を上がっていかないと、

一緒にずっといられないじゃないか。

ま。

やりたくないなら、

同じように、

やりたくない相手が伴侶だ。

でも、

大抵の女は、一流の男を念頭に置く。

これが、

未婚者が増える理由の1つなのは、

まず、間違いない。
[PR]
by carmdays | 2015-02-26 22:17 | 日記