暮らしの中での思い事をつづります


by carmdays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

沖縄の敏子さん

28歳の夏。

重度のうつ病をわずらい、

自殺を考えた。

沖縄の真っ青な海がどうしても見たくて。

飛行機に飛び乗っていた。

海をみて、痩せこけた体を

心配する赤の他人の会話が聞こえた。

公設市場を出て、

一軒の定食屋に入った。

最後にそーきソバとごーやチャンプルが

食べたかった。

定食屋の主人は敏子さんだった。

一人かい?

黙る私。

敏子さんは口を開いた。

いいかい。

死ぬんじゃないよ。


今思えば。なんでわかったんだろう。

そう。

確かに、いま生きている。

あの時、敏子さんが言わなかったら。

どうなっていただろう。


毎晩通いつめた。

敏子さんは、もう他界していても

おかしくない当時すでに

お婆ちゃんだった。

2004年の、あの沖縄の夏。


わたしは、生きているよ。
[PR]
by carmdays | 2015-05-02 16:22