暮らしの中での思い事をつづります


by carmdays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

安定と平和⇔変化と刺激

安定と平和。

変化と刺激。


相反する。


なんていうか。

前の私といまの私を、まじまじと、比較してました。


かれこれ14年間くらいかなぁ。

上へ、上へ。


目標もって、高いモチベーションで、激務を楽しみ、自己啓発にいそしみ、勉強に明け暮れ、

嫌な思い、もう数えきれないよ!って位して、なんか、生きてる感ばりばりな人生だったんだけど。


変化って、いい変化になるとは、限らないっていうことを、知ってしまったっていうのが、

そもそも7年前の激変というか、不幸時代の開幕だったなって。


悪い変化が、まさか訪れようとはっていう、悪い青天の霹靂だったな。


良い時代の何十倍も頑張ったけど、努力が報われない事だって、いくらでもあると実体験したし、

最悪だったときは、精神的にノイローゼになった時代もあったし、

解雇されたときだって、大不況で仕事が見つからなくて、極貧ちゃんになったしな。


変化って、安定している人が、求めてしまうものなんだって、初めて学んだ、数々の経験だったな。


さんざん体を酷使し、それ以上に、精神的に酷使し続きて7年だったから、

のびきったゴムみたいになったんだったな。


安定と平和が、どれだけ奇跡的なことなのかというのを、初めて気づいたんだったな。


奇跡なんです。


安定していることも、平和でいられることも、それは奇跡だった。


そんな安定と平和を、渇望し、今がある。


今は、時折、物事に挑戦というか、スタートというか、目標というか、やってみようかと

思いついたことなら2つあったけど。


でも、本当に、冷静になって、現実を見つめれば、

時すでに遅しではないけれど、また、また、また、いばらしか続かない未来が待っているのが、

目に見えた。


今っていうものに、あまりに目を向けることができないでいた未熟だった私は、

だから、遠い未来にばかり、思いをはせ、目を向けて生きてきたのだろうな。


なんつーか。


なんていうか。


確かに、いまは、時間があまっていて、もてあますことだってたくさんあるんだけど、

それは、かつて14年間、のどから手が出るほど求め渇望してきたもの。


いまは、まだそれをうまく活用できてないっていうだけで、

だからって、また何か物事をやろうとしちゃいけないんだなって、

気づけてしまった。


さっすが。 37歳。 いい加減、自分の陥る人生の罠に、気づけるようになったなと、思えた。


いまは、なんていうか、暮らしってものを、普通に過ごせばいいかなと思った。


何かを生み出す必要もなく、何かを消耗して浪費する必要もなく。


どんな自分でいたいか。


どんな過ごし方をしたいか。


どんな暮らしを作りたいか。


どんな人生でありたいか。


思いめぐらしたら、ためしに実践してみて。

疲れたなと思ったら、無理しないで、そこでやめて。


美術館行ってもいいし、映画身に行ってもいいし、ジムでプールやってもいいし、

図書館で本見るのもいいし、たまに遠出するのもいいし、

たまに、夜景が見えるきれいなレストランでご飯してもいいし、

たまに、贅沢なごはん、してみてもいいし、

プラネタリウムに行ってもいいし、

星空眺めて、ただ、宇宙を感じるだけでもいいし、

海外旅行にはそうそう行けないけど、2~3年に1回くらいは、行けたらいいし。


何物でもないわたし。


ただ、時が流れるままで、日々が過ぎていき、季節が巡り、1年が終わり、

そうやって死ぬまで時が流れ、気づけば、あぁ、人生だったと、そうおばあちゃんで思えればよしなんだ。


そう。 刺激というものが、もういらないわたしになっていた。


もう、不安定な暮らしも、人生も、うんざり。


永遠に、二度とかかわりたくない。


ただ、平和に。 ただ、静かに。 ただ平穏に。 ただ、安心して。 ただ、安定して。


結局のところ、わたしの望むものは、唯一、それだけなんだなって。


わかってしまった。


変化を求める人には2タイプいる。


1. 自分の環境が安定してて、だから、不安定の大変さを知らないから、刺激を求める

2. 自分の意思じゃないのに、不安定な状況に置かれてしまっている


知る限り、このどちらかに入る人がほとんどだと思う。


1番の人は、自ら破壊と創造を繰り返す変化を、起こしていくことになる。

その結果、よく出るか、わるく出るかは、運しだい。


2番の人は、これは、神様が与えた試練だとしか言いようがなく、

早く、その不安定に置かれる立場から、脱出しないといけないんだ。

支援が必要なのは、こういう人たちのことを言うと、大不況のニュースを見るたび、思う。


わたしは、いまの状況は、お給料だって安いし、華やかでもないけど、

それで十分満足してるから、それ以外を望まない。


平和な人間関係さえあれば、ほかに何も望まない。


平和な人間関係さえあれば、生きていけるから。


安定と平和⇔変化と刺激。


人それぞれの、生き方で、人生模様は、そうやって色が塗り替えられていくのだとしみじみ思う。
[PR]
by carmdays | 2012-08-02 15:10 | 日記