暮らしの中での思い事をつづります


by carmdays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

論語は耳が痛い

1回、読み切った、論語の訳本。


ためになった、と思い、また2度目、読み直したが、耳が痛い。


第1章が、人間関係についてだからだった・・・・。


というのも、こないだ、あまりにカチンとしたから、仲良かった同僚だったんだけど、暴言行ってしまってね。

傷つけたともいうし、怒らせたともいうし。


まぁ、申し訳なかったなぁと。


でも、起こるべくして起きた結果でもあったのかなぁと。


いろいろ思っていたところに、論語の人間関係での悟りの知恵を聞かされたので、耳が痛かったのです。


その同僚とは仲がよかったんだけど、とあることについて考えが真逆だった。


それはそれでよかったんだが、その同僚に悪気はないが、意見をこうだと押し付けられだった。


それが、この1か月、続いていて、ストレスフルだったんだ。


だから、とあることをきっかけに、わたしのストレスが爆発して暴言、となったのだった。


まぁ、わたしの忍耐力がないのがいけなかったともいうし、

同僚も同僚で、違いを受け入れてくれる寛容性があれば、こうはならなかった。


そんなまぁ、後味の悪い喧嘩をしたわけで、だから、論語が痛いわけです。


その同僚と仲直りできるかどうかは、神様次第でしょう。


仲直りできなくても、仕事では接点がないので、何か困ることにはならないけれど、

疎遠になればなったで、あぁ、残念でしたと思うのだろうな。


もちろん、暴言に対する謝罪は何度もしたが、彼女の心次第でもあるのだろう。


こんなすったもんだがあっての今を振り返れば、論語は、素晴らしいということと、

こんな喧嘩がなかったら、これからも先、同僚から意見を押し付けられてストレスを貯めこんでいただろうし、

まぁ、なんていうか、なるべくしてなったのだ。


本音を伝えるというのは、時に必要だな。


じゃないと、わたしみたいに、感情が爆発してしまうんだ。 溜め込みすぎるとね。


相手に嫌な思いをさせるとか、不愉快にさせるとか、喧嘩になるとか、後先を考えてばかりいたら、

けっして、自分が何で嫌な思いをしているか、相手がわかることはない。


だから、そういうときは、言っていいんだなと思う。


言い方、伝え方ばかり気にしていても、遠回りで一向に趣旨が伝わらないことだってある。


衝突をする必要ないが、ずばり、革新の本音、伝えないと、伝わらない時もあるってことなんだな。


37歳。 また人間関係について、学んでみました。
[PR]
by carmdays | 2012-08-02 15:26 | 日記