暮らしの中での思い事をつづります


by carmdays
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

パパのいってらっしゃい

父は、とても素朴な人だ。


口数も少ないが、お酒を飲むとよく話す。


いつも、ひとり、黙々と、何かをしている。


そんな父は、時折、わたしのことをこうやって応援してくれる。


1.土手


わたしが7年間もの受難時代を迎えた最初の年だったか。


もう、どうにもならなくて、気持ちが心の中で暴発していた。


莫大な不安に押しつぶされて、息苦しかった。


そんな時、散歩に行こう。


そう誘い出してくれた。


行く気なんて、全然なかったが、家にじっとしていても、狂いそうだったから、ついていった。


土手について、きれいな景色だろ?と言われたが、


きれいな景色なんて、目にも入らないくらい、わたしの心は押しつぶされていた。



でも、不思議と、その後、家にじっとしていられないくらい、叫びだしたい不安でいっぱいになると、

気を紛らわすために、いつもそこへ一人いった。


今でもこよなく愛している土手の風景がなかったら、わたしは乗り越えることができただろうか。


わたしの苦難を救ってくれた景色があるから、ここからもう生涯離れられない。


どこにも行けないと、そこまで思う。


そんな場所を、父が教えてくれ、連れて行ってくれた。


きっと、父なりの、応援だったのだ。



2. いってらっしゃい


父は、いつも土手で体操をする。


ちょうど、わたしが出勤するとき、父が帰ってきて、すれ違う。


いつも、手を振って、いってらっしゃいと声をかけてくれる。


父の、応援の言葉だった。



父と母。 どちらにも愛されている自分がそこにいた。
[PR]
by carmdays | 2012-08-09 14:26 | 日記