暮らしの中での思い事をつづります


by carmdays
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

怖さ

CREAの今年発売になった、女が会社を辞める時っていう、特集号の記事を読んでいて、

占いがあった。


占いが、本当によく当たってしまう私の場合、

悪いことならなおさら、見事に当たってしまう私の場合、

見過ごすことのできないページだった。


見ると、なんと、悪い結果だった。


10月に、抑制の星、土星が、みずがめ座に2年半年、入居してくるそうだ。

ということは、2012年10月~2015年3月まで。


わたしに責任と重圧をもたらすそうで、その間に、その2年間と半年の間に、

失職する人もいるんだと書いてあった。


最悪の気分になった。


1998年~2012年2月3日まで、みずがめ座には、破壊の星、海王星が、14年間も居座った。


破壊の星と言われるだけあって、人の暮らしの安定をことごとく破壊する星として知られている。


もれなく、わたしの14年間は、めちゃくちゃだった。


解雇を2度経験し、極貧をさまよい、絶望のどん底の暮らしを7年間も送ってきた。


幸せと安定を渇望し、苦しくて、つらくて、どうにもならなかった。


やっと、いまの職場に仕事が決まり、やっと、幸せになれるのかと思っていたのに、

海王星の執念深い破壊力は、2012年6月まで、わたしの暮らしを破壊し続けてきたのだ。


だって、いまの職場に決まった時、配属された部署で、ずっと、パワハラを受け続けたあげく、

その部署を解雇されたんだから。


いま、37歳。


人生のほとんどが、不幸で塗り固められてきた。


だから、幸せになってみたいと、思ってきた。


だから、無事に部署移動ができて、いい上司が赴任してきてくれて、

不幸が終わったんだと、本当に、そう思ってた。


でも、占いが、見事に当たってしまう私に関して言えば、

失職する人が出てくる、というのは、該当しそうで、怖かった。


だって、1年ごとの、契約社員なんだもん。


けっして、人間関係が良いとは言えない職場の中で、本当に定年退職まで働いていけるのか。


自信がない。


また、解雇されたら、もう就職なんて、できないんだと思う。


37歳で、いったいどこの職場が、わたしを採用してくれるというのだろう。


長い無職時代の借金も、まだたくさん残っているのに。


どうやって、暮らしを作り直すことができるというのだろう。


普段は、忘れている、こういう現実が、最悪解雇という事態がありえるという事実が、

わたしから、幸福を奪い取っていた。


もう、不安から解放されたかった。


もう、嫌な人間から解放されたかった。


もう、極貧から解放されたかった。


そんな、人間の権利として当然のことが、手にすることもできない悲しみ。


それを、また、経験しなくてはいけないのだろうか。


毎日、悪いニュースばかり。


自分の人生が、また、不幸時代に突入するのかと思うと、もう、がんばれないと思った。


だって、今まで14年間、必死に生きてきたから。


なのに、また、抑制の星、土星が、2年半も居座るなんて・・・・。


しかも、0学占いによれば、その土星が去った翌年から、今度は、3年間、丸々、大殺界に

入るそうだ。


合計、6年。


今年も入れて、15年間、谷底人生を歩んできたのに、

一瞬の安心の時期が3か月あっただけで、

また向こう6年間、不幸な時代を過ごさなくてはいけいないなんて・・・・・。


わたし、可哀想すぎる・・・・・・・涙。


なんで、ここまで悲観するかというと、

本当に、どういう訳か、

わたしの場合は、

悪い占いが、見事にすべて当たってしまうのだ・・・・・・涙。


悔しいくらいに。


0学占いは、見事に人の人生のサイクルを言い当てていて、

いま、弟が、大殺界なんだけど、まさに、人生のどん底を過ごしている。


自分の12年前も、本当にそうだった。


悔しいけど。  もう、生まれながらに、ずっと、不幸が運命づけられているのが、私なのかな・・と

思うと、がんばる気力も、なにも湧いてこなかった。


10月6日に、土星がやってきたら、わたしの幸せは、そこでおしまいです。


15年 + 6年 =21年。


21年間、不幸でいなくてはいけないのが、つらい。


わたし、幸せになんか、一生なれないのかもしれないな・・。
[PR]
by carmdays | 2012-08-11 10:32 | 日記