人気ブログランキング |

暮らしの中での思い事をつづります


by carmdays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

デブということの偏見

デブには、偏見がある。


ということを、最近感じる。


たとえば、見た目が悪いから、印象が悪い。


たとえば、デブっているから、食欲を抑えられないほどの、意志が弱い。


たとえば、非健康的。


たとえば、自分を捨ててる。


世間じゃ、そんな目で、デブを見る。


デブになって、そんな偏見と何度直面してきたか。


かといって、世間様の要求にこたえるために痩せるつもりは、今のところ、毛頭なく。


唯一、痩せたいと思う理由は、洋服のサイズがなくなると困るから。


後は、友達と、減量の約束をしたから。


これ以外で、わたしには、痩せる理由がない。


たとえば、今、自分をどうイメチェンさせようか、まじめに思いめぐらしている。


が、以前のわたしのように、ロングストレートのきれいな髪の毛に、スレンダーな体型に

したくはない。


確かに、その方が見栄えがいいので、良くも悪くも人間が近寄ってくる。


だが、見た目に近寄ってくる人間、だれが相手にしたいだろうか。


これまでの経験で言えば、100パーセント、クズ男たちでした。


デブっても持てないが、痩せてきれいな私でいてもモテないのだ。 嫌な思いするだけで。


なんのために、きれいになりたいのか?という明確な理由が、だから、そこにはない。


だが、世の中、デブにたいして偏見が満ち溢れている。


わたしは、声を大にして言いたい。  デブ万歳!


いまんところの、痩せるべき理由は、だから、3つで。


医者に、健康のために痩せろと言われている。


洋服のサイズが、とうとうなくなってきた。


友達からダイエットに誘われた。


以上だ。


どういう見姿の自分になりたいのか。


いまだに、暗中模索だ。
by carmdays | 2012-09-24 10:08 | 日記